イラレで透明グラデーション:マスクの作り方

イラレで透明グラデーション:マスクの作り方

イラストレーターで、徐々に透明になる画像を作る。

フォトショップ(Photoshop)などの画像処理アプリケーションでは、複数のレイヤーを重ねて、画像同士を自然に合成するために「マスク」を頻繁に使用します。

イラストレーター(Illustrator)でも、同様のことが簡単にできます。

簡単!イラストレーターで不透明マスクを作成する3つのステップ

簡単!イラストレーターで不透明マスクを作成する3つのステップ

「画像を背景に馴染ませる」という作業をイラストレーターで行ってみます。

3つのステップで、誰でも簡単にできます。

今回は、不透明マスクという機能を使用する方法をご紹介します。

1:画像と同じサイズの図形を作成

画像と同じサイズの図形を作成

上の「黄色の長方形」の様に、背景に馴染ませたい画像と同じサイズの図形を作成し、画像と同じ位置に配置しましょう。
(この時の「塗り」の色は、何色でも構いません。)

2:図形の塗りにグラデーションを設定

図形の塗りにグラデーションを設定

上の様に、図形の「塗り」に対して、グラデーションを設定します。

【Point】
グラデーションの「白」の方が不透明、「黒」の方が透明になることを意識しながら、画像が透明になり始める位置と完全に透明になる位置を設定しましょう。

3:両方を選択して不透明マスクを適用

両方を選択して不透明マスクを適用

画像と図形の両方を選択し、「透明パネル」を開き、パネルの右上にあるメニューの中から「不透明マスクを作成」を選択します。

【Point】
画像の上に、図形が配置されている必要があります。

これで、完成です。簡単ですね!

簡単!イラストレーターで不透明マスクを作成する3つのステップ

□こちらの過去記事もチェック↓↓
イラストレーターのEPS保存時は配置画像に注意

最後に:校正確認を慎重に

イラストレーター(Illustrator)で透明効果を使用した場合、印刷時に画面とは異なる仕上がりになる場合があります。

これには、ユーザー側の設定の問題、入稿データの問題、印刷会社側の設定の問題、リップ処理上の問題など様々な原因が考えられますが、大切なことは校正確認をしっかり行うことです。

まず、確認用のPDFまたはプリント見本を入稿データと一緒に支給しましょう。そして、時間とコストが許す限り、しっかりと校正(仕上がり)の確認を行ってください。