グロービス 堀義人氏に学ぶ、成長の壁

堀義人氏に学ぶ、成長の壁

「壁」と感じたことが無い。

先日、私が所属するEO東北分科会で開催した、グロービス代表の堀 義人 氏と青山フラワーマーケットを経営する井上 英明 氏のパネルディスカッションの中で、堀氏が伝えた言葉です。

壁ではなく「階段」と考える

経営課題が浮上。それは壁か?

1億の壁、5億の壁、10億の壁などが、一般的に言われる売上の壁です。その他、より具体的なものとしては、販路拡大の壁や海外進出の壁などがあるでしょう。

アントレプレナーとして成長を続ければ、事業を行う中で様々な経営課題が浮上します。しかし、それらは本当に「壁」でしょうか?

パネルディスカッションの中で、ファシリテーターの方が、堀氏と井上氏へ1つの質問をしました。

「一般的に言う、壁というものをどのように捉えられていますか?」

それに対して、堀氏は次の様に答えられました。

「壁と感じたことが無い。成長へのステップと認識している。」

物事を中長期的に考える

物事を中長期的に考える

課題は、乗り越えるべき1つのステップ

壁を感じた時は、あなたが掲げるビジョン・ミッションに基づき、中長期的な計画を見直してみてください。そして、あなたが最終的な目的を達成するための「階段」をもう一度描いてみてください。

今、直面している「壁」は、その階段のどこに位置しますか?

「壁」を感じている時、私たちの多くが、目の前の壁しか見えていません。故に、それが大きな壁に見えるのです。そんな時は、少し自分自身の視点を少し引いて、物事を広く見てみてください。

そうすると、今まで壁だと感じていたものが、実は中長期的なゴールへ到達するための「階段」の中の「1つのステップ」に過ぎないことが分かります。

経営課題を解決する具体的な方法は、「堀義人氏に学ぶ、経営課題の解決法」にてご紹介します。

是非、あなたが「壁」を感じた時、参考にしてみてください。

□こちらの過去記事もチェック↓↓
堀義人氏に学ぶ、時間管理術と10の行動

最後に:本気でゴールに到達したいか?

最後は、あなたがどこまで本気なのか、その覚悟が求められます。

成功しているアントレプレナーに共通している点は、ひたすら考え続けていることです。本気で、目的を達成したいのならば、その過程における1つひとつの階段を乗り越えるしかありません。

そのために何をすべきか徹底的に考え続けましょう。そして、それを楽しみ、共に成長を続けましょう!