グロービス 堀義人氏に学ぶ、志の3要素

堀義人氏に学ぶ、志の3要素

会社をつくるプロセスは、人を巻き込むプロセス。

先日、グロービス経営大学院 仙台校にて開催された経営セミナーで、グロービス代表の堀 義人 氏が、参加者へ伝えた言葉の1つです。

人を巻き込む上で大切なこと、それが「志」です。

人を動かす志の定義:3つのチェック項目

何が人の心を動かすのか?

志は、大きさ・高さ・熱量という3つの要素に分解できます。

堀 義人 氏はセミナーの中で、これらを考える上で、自らに問いかけるべき3つの質問を伝えてくれました。

1:壮大であるか?

志の大きさは、巻き込める人の数に影響します。

対地域、対日本、対アジア、対世界など、どのぐらいの規模で考えるかによって、その志を応援してくれる人の数は増減するでしょう。より大きな志に対して、より多くの人が賛同してくれます。

2:共感を得られるか?

志の高さは、共感を得られるかどうかに繫がります。

自分の利益だけを追求している人に対して共感する人は、非常に少ないでしょう。他者のため、そして、社会のために何をすべきかを追求している人に対し、より多くの人が共感します。

3:決心したか?

志の熱量は、覚悟の度合いを決定付けます。

「やる。」ということを事前に決めることが重要であると、堀 義人 氏は伝えています。起業家・経営者の覚悟、そして、そこから生まれる行動と成果の積み重ねが、より多くの人を巻き込んでいきます。

□こちらの過去記事もチェック↓↓
急成長と組織力の両立、3つのポイントと10の約束

最後に:成長を求める、東北の経営者へ。

目の前の壁を突破する方法はあります。

起業家・経営者には、先輩経営者に学びながら、互いに価値の高い情報を共有し合い、高い志で行動を続けることが求められます。

仙台にて2014年12月11日、成長を求める、東北の経営者のためのイベントを開催します。

□特別講演会
 講師:グロービス代表 堀 義人 氏
□対談
 堀 義人 氏 × 井上 英明 氏

■詳細はこちら

経営者であれば、誰でも参加が可能です。

残席僅かですので、お申し込みはお急ぎください。