リーダーとして想いを伝える。幹部人財を必要とする地方

numakura-DSC_0785-□画像:一の彩 マネージャー 沼倉氏

リーダーの大切な仕事

少子化・若者の流出により、地方では起業家・後継者・経営幹部などのリーダー人財が不足している。

2017年3月11日、人財不足の課題を抱える企業・地域と、新しい働きがい・生きがいを求めている首都圏の若者を繋げようと、東京・渋谷で秋田県主催のイベントが開催された。

幹部人財を必要とする地方企業

今回のイベントでは、幹部人財や後継者を本気で探している企業の代表者がピッチ形式で、秋田での暮らし、大切にしていること、事業に対する想い、そして、具体的な取り組みを参加者へ伝えた。

想いを伝えることは、リーダーとして重要な役割だ。

ブランドが人の心を動かす

単に事業や仕事の内容を伝えても、首都圏で働く若者を地方へ呼び戻すことはできない。

首都圏で働く優秀な人財ほど、地方企業に比べて圧倒的に高い給与・良い待遇で働いているからだ。

まず伝えるべきは、ブランドである。

□どのような歴史や背景があるか
□どんなことを大切にしているか
□商品を通じて何を実現したいか
□企業としてどんな未来を描いているか
□そのためにどんな取り組みをしているか

ブランドを伝え、人の心を動かすことが、リーダーにとっての重要な役割だ。

「起業家人財」の育成に貢献
クラウドファンディグに挑戦中!

講座全体を通して主任講師を務め、特に「情報発信とブランディング」についてお伝えします。