プラチナドンキ出店。 創業者 安田隆夫の名言

プラチナドンキ出店。 創業者 安田隆夫の名言

ドン・キホーテが、東京・白金台に「プラチナ ドン・キホーテ白金台店」をオープンした。松阪肉専門店「朝日屋」が出店するなど、従来の店舗とは一線を画す。

「高級住宅街を商圏とした店舗」として、ドン・キホーテにしか出せない良さを出しながら、顧客ニーズに応えていくという。(日経トレンディネット

ドン・キホーテ 創業者 安田隆夫の名言

ドン・キホーテ 創業者 安田隆夫の名言

挑戦を続ける、ドン・キホーテ。その姿勢を創業者である安田隆夫氏の名言から考えてみよう。

1:安田隆夫の名言/クレド
2:安田隆夫の名言/成長マインド
3:安田隆夫の名言/破壊と変革

それでは個々について見ていこう。

1:安田隆夫の名言/クレド

「ワクワク、ドキドキ」がドンキの店舗のコンセプトだが、店を作る方もワクワク感がなければ、顧客をワクワクさせることはできない。

会社全体が同じ方向へ進むためには、どう行動すべきかを働く全ての人が理解する必要がある。心掛けるべき信条を明確に掲げ、行動の指針を示すことは大切。

2:安田隆夫の名言/成長マインド

「限界とは破るもの」だと思っている。その心そのものが成長の源泉だ。

一定の所で停滞することや自ら限界を決めることは、成長を鈍化させることに繋がる。常に、更なる高みへ挑戦し続ける気概によって、人も企業も成長できる。

3:安田隆夫の名言/破壊と変革

常に忘れてはいけないのは、不都合な真実を含めて客観的に見つめ、咀嚼したうえで自らが変わらなくてはいけないということだ。そうでなくては、限界は壁にしかならないだろう。

経営者は、自分自身と企業を客観的に分析・判断しなければならない。自らを甘く、過大評価することが簡単にできてしまうことを忘れてはならない。

多角的に物事を考え、改善し続けることで、現状の問題を解決することができる。時には、破壊的創造による変革が求められることもある。

□過去記事もチェック↓↓
デジタル・ディスラプションが世界を変える

最後に:継続的な挑戦

成長し続ける経営者の共通点の1つが、挑戦をし続けていること。

彼らは、現状の問題を放置しない。彼らは、現状のまま停滞しない。

自らの中に原因を追求し、物事の本質を探求し、行動と挑戦をし続けている。成長し続けるため、共に戦いましょう。