リーダーの役割はビジョンを語ること

shutterstock_261653681

リーダーにしかできないこと

リーダーの役割は、非常に多い。ただし、本当にリーダーにしかできない重要なことと言うのは、それほど多くない。

仕組みをつくることも大事だが、最も重要なことの1つは、ビジョンを語ることだ。

リーダーの役割はビジョンを語ること

どんなに優れた人財を採用しても、どんなに利益が出る仕組みをつくっても、目指すべきゴールが見えなければ、人は力尽きてしまう。

目指す未来の姿、ビジョンが必要だ。

ビジョンの役割

リーダー育成のビジネススクールとしてMBAプログラムを提供する「グロービス経営大学院」の学長である堀義人氏は、以前参加したセミナーの中で、「ビジョン」について次のように伝えてくれた。

「私について来い!」ではなく、「みんなであそこへ行こう」を示す

みんなで目指すべき未来の姿を語り、想いを共有し、共に実現する。

それが、リーダーに求められる重要な役割だ。

□人気の過去記事
企業文化をつくる3ステップ。グロービス堀義人氏に学ぶ、理念とビジョン