名刺デザインで重要な3要素:起業後に必要な物

名刺デザインで重要な3要素

渡すだけの名刺なら、作ってもしょうがない。

起業後に必要な物の1つが、名刺。これから様々な人に会い、あなたと会社が何者なのかを伝えていく必要があります。

名刺デザインを考えるなら、名刺交換した際に「相手の記憶に残ること」を意識して下さい。

そのためには、何が重要でしょうか?

効果的な名刺デザインの3要素

相手が、あなたに価値を感じるか。

価値

あなたは、自分にとって価値があると感じないものに興味を抱くでしょうか? 自分にとって価値の高いものを優先しませんか?

名刺も、相手へあなたの価値をシンプルに伝えるツールとして考えるべきです。

1:肩書き

一言で、提供できる価値を伝える。

肩書き

私は、名刺に「売上アップ専門家」と印刷しています。

名刺をお渡しすると、少なくとも50%以上の方は、これに触れてくれます。この一言だけで、相手の「売上を上げたい」というニーズと私が提供できる価値を結びつけることができます。

【チェック】
あなたが提供できる価値は、何ですか?
それは、相手のニーズと合致しますか?

2:ミッション

1行で、ビジネスを行う理由を伝える。

ミッション

私は、名刺に「2020年までに、10000人の雇用を東北に創出する。」と印刷しています。

この1行だけで、「この人、何言っているの?」となります。起業直後の人が誰でも持っている資産は、志です。本気の想いは、人の心を動かすことができます。

【チェック】
あなたがビジネスを行う理由は、何ですか?
それは、相手に共感されるものですか?

3:行動喚起

1個だけ、お願いをする。

行動喚起

私は、名刺に「ブログのQRコード」を印刷しています。

名刺交換の後、フォローメールを送ると思います。しかし、本当の問題は、どうやって折角お会いした方と繋がり続けるのかです。1つだけお願いをしましょう。

【チェック】
ブログやSNSで、情報発信をしていますか?
その情報は、相手にとって価値がありますか?

□こちらの過去記事もチェック↓↓
LINE森川氏が登壇、東北の起業家応援イベント

最後に:改善し続ける重要性

名刺を作って終わりにするのは、勿体無いことです。何が受け手に響くのか、反応を見ながら改善をしましょう。

1つアドバイスをするとすれば、可能な限りシンプルに追求することです。相手が見た瞬間に理解できることが大切です。

共に成功を目指し、改善を続けましょう。