そのプレゼンが残念な7要因

そのプレゼンが残念な7要因

良い事業なのに、勿体無い。

私はこの1年間、クライアント向けのプレゼンに加え、ビジネスコンテストやスタートアップイベントでのピッチなど、様々な場でプレゼンの機会を頂きました。

他の参加者のプレゼンを聞き、非常に勿体無いと感じることが多々ありました。

プレゼン失敗事例と7つの要因

リーダーに問われる、プレゼン力。

リーダーに問われる、プレゼン力。

優れたビジネスプランを持っているにも関わらず、プレゼンが不十分であるために損をしていませんか?

私が見た事例から、失敗要因を考えてみます。

1:根本的に準備不足

原稿を読み、時間オーバー。

準備不足

聞き手に、準備不足と判断された場合、評価は著しく低下します。

スティーブ・ジョブズは、5分のプレゼンのために何時間もリハーサルを行ったそうです。原稿をただ読んでも、聞き手にあなたの想いは伝わりません。

2:複雑

1スライドに、複数メッセージ。

複雑

いきなり複雑な説明を聞いても、聞き手は理解できません。

1つのスライドで伝えるメッセージは、必ず1つに絞りましょう。大切なことだけをシンプルに伝えると、聞き手の理解度は高まります。

3:文字が多い

小さい文字は、読めない。

文字が多い

そもそも、スクリーン上の小さい文字を聞き手は読めません。

文字のサイズは、最低24pt以上。そして、画像やチャートを有効的に活用し、可能な限り文字を減らしましょう。文字が多すぎると、聞き手の負荷となります。

4:専門用語の羅列

配慮すべき、聞き手の知識。

専門用語の羅列

聞き手の基礎知識を無視すると、価値が伝わりません。

どんなに専門用語を並べても、相手が理解できなければ意味がありません。聞き手が容易に理解できるかどうか、使用している言葉をチェックして下さい。

5:顧客価値が不明

顧客価値が無ければ、続かない。

顧客価値が不明

顧客を見ていないサービス・商品は、発展しません。

どんなに素晴らしい技術を持っていても、ユーザー・顧客にとって価値が無ければ、ビジネスとして持続できません。特に製造業の方は、ユーザーファーストの重要性を理解しましょう。

6:自信が無い

信じきれないなら、止めるべき。

自信が無い

あなた以上に、事業の可能性を信じられる人は存在しません。

以前聞いた講演の中で、グロービス代表 堀氏が「起業家に必要なただ1つの資格」について伝えてくれました。

「可能性を信じること。
 それが、起業家精神。」

7:熱意が足りない

あなたが行うべき理由は、何か?

熱意が足りない

熱意を伝えれば、熱意が返ってきます。

マッキンゼー流プレゼン技術」でも伝えた通り、エネルギーと熱意をもって聞き手に価値を伝えましょう。最後に評価されるのは、プレゼンテーターという1人の人間です。

□こちらの記事もチェック↓↓
プレゼン資料の作り方7カ条

最後に:中身は大丈夫?

価値の高い中身(ビジネスプラン)があってこそ、今回ご紹介したプレゼンのポイントが活きてきます。

□独創性・新規性
□市場性・成長性
□実現可能性

このようなポイントをしっかり見つめ直しましょう。加えて、これからのビジネスは社会性も重要視されます。共に改善しながら、成功を目指しましょう。