伝わるロジカルな文章を作成する5ステップ

shutterstock_551922193

「伝える」と「伝わる」は違う。

ビジネスの成長のために情報発信をする上で、「伝える」と「伝わる」は違うということを認識する必要がある。自分が伝えているつもりでも、相手に伝わっていなければ、意味がない。

そのため、ロジカルな文章を意識することが重要だ。

伝わるロジカルな文章を作成する5ステップ

スクリーンショット 2017-05-13 22.04.06

私は、MACHI LOG 東北編集長として日々の情報発信を行う中で、伝わるロジカルな文章を書くために以下の5つのポイントを意識している。

1:文章構成を意識する
2:見出しから書く
3:文章で肉付けする
4:シンプルに削る
5:チェックする

それぞれについて、少し補足したい。

1:文章構成を意識する

まず、図で示したような文章構成を意識しながら、記事をまとめる必要がある。

「タイトル」という文章全体の核を支えるポイントが「見出し」である。そして、それを支える根拠が「小見出し」となる。この基本構成を予め描くことが大切だ。

2:見出しから書く

故に、文章を書くことに慣れていない人ほど、見出しから書くことをオススメしたい。

いきなり文章をダラダラ書き始めると、何を言いたいのかよく分からない文章になったり、全てを見直して再構成しなければいけなくなったりして、時間を浪費することになる。

3:文章で肉付けする

全体のポイントとなる「見出し」を書いた後に、根拠となる「小見出し」で区切りながら、文章で肉付けしていく。

その際、具体的な数字・事例などを入れながら書くと、より説得力が増す。

4:シンプルに削る

文章を書くことに慣れていない人ほど、何から何まで自分の言いたいことを書いてしまう。

時に、それが回りくどい文章になったり、読んでいる人を飽きさせたりして、伝わらない文章になってしまう。極力シンプルにするため、書いた後に削れる部分がないかを検討する必要がある。

5:チェックする

最後に、必ず徹底的にチェックすることが重要だ。

基本的な文章の推敲はもちろん、見出しと小見出しだけで文章全体のポイントを理解できるか、流れるように1つの道筋の上で文章を読むことができるかなど、チェックすることを忘れてはいけない。

この5つが、私の意識しているポイントだ。

伝わるロジカルな文章を作成するために少しでも役立てば幸いである。

ビジネスにとって大切な情報発信

私は、「東北イノベーション大学」という起業家人財の育成講座を2017年5月20日から開始します。

資金の一部をクラウドファンディングで集め、地域を元気にするための「人財づくり・場づくり・仲間づくり」を東北で実現したいと考えています。

詳細:東北イノベーション大学

現在、クラウドファンディングを通じて受講のお申し込みをいただいた方々を含め、受講生は12名。カリキュラムを調整している段階ですが、

「起業家・後継者として、自らビジネスを創出する力を身に付け、地域に貢献したい。」
「経営者として、経営感覚のある幹部を育成し、事業を成長させて地域に貢献したい。」
「企業・銀行・行政として、リーダー人財を育成し、自らも地域活性化に参画したい。」

そのように考えている方々を対象に、地域の未来を自ら切り開いていく熱い仲間(受講生)を募集しています。

私は、全体の主任講師を務め、特に情報発信についてお伝えします。

受講のお申し込み・お問い合わせ

受講のお申し込み・お問い合わせは、運営事務局(東北プリントワールド株式会社)のお問い合わせフォームより、受け付けております。お気軽にご連絡ください。