次世代リーダーの3つの条件:25年の経験と研究

次世代リーダーの3つの条件:25年の経験と研究

あなたが、21世紀のリーダーとなるために。

25年間、企業の人財育成に携わり、200名以上のCEOにアドバイスをした経験と経歴を持つ専門家(ロザリンデ・トーレス)が、従来のリーダー育成プログラムは十分に機能していないと伝えています。

事実、4000社を対象に現在のリーダー養成プログラムが、どれほど有効かを調査した結果、「重要なリーダーの役割を担える人財が大幅に不足している。」と、58%の企業が回答したそうです。

次世代のリーダーに求められる条件とは何でしょうか?

次世代リーダーの3つの条件

次世代リーダーの条件:
 1:常に準備を怠らない
 2:過去の成功体験に甘んじない
 3:将来の可能性のために行動する

この3つの条件が、次世代のリーダーには求められます。

次世代リーダーシップ:3つの質問

次世代リーダーの条件を満たすため、自分自身あるいは幹部候補に問うべきことがあります。それが、プレゼンテーションの中で紹介されている3つの質問です。

21世紀に求められるリーダーシップを兼ね備えているか、確認してみて下さい。

1:予測と準備

質問:
どこを見て、ビジネスモデルや人生の変化を予測しているか?

未来のため、時間の使い方を検討しているか、これから起こる変化に対して、すぐに行動を起こす準備が万全かを振り返る必要があります。変化を見据え、意思決定を行い、将来を自らつくる準備を常に怠らないことが求められます。

2:関係構築と多様性

質問:
ビジネスやプライベートで、自らの人脈を多様化させているか?

一緒にいて楽な人とだけ繋がっていないかを確認し、自分と違う人たちと関係を構築する能力が必要です。多様な人脈を持つことで、様々な思考パターンを取り入れ、多面的に物事を分析し、解決策を見つけ出す力が求められます。

3:変革と行動

質問:
思い切って、過去に成功へ導いた方法を捨てることができるか?

過去に捉われ、楽なことを繰り返していないかを確認し、変革と行動を継続的に行う必要があります。リスクを恐れず陳腐化したものを捨て、他人が取り組まない課題に対して行動を起こし、前進ではなく、躍進し続けることが求められます。

□こちらの過去記事もチェック↓↓
リーダーの成長に必要な5つの習慣と20の行動:ドラッカー
■関連記事一覧:リーダーの条件・心得

最後に:人との縁

「人の縁が、化学反応を起こす。」

イー・アクセス 創業者 千本倖生氏が、講演の中で仰っていた言葉です。

人との縁は、非常に重要です。人との出会いが、自身の行動を大きく変えることがあります。2014年は、多くの先輩経営者と出会い、それを実感した年でした。

みなさんも、今回ご紹介した「3つの質問」を是非参考にしてみて下さい。

次世代リーダーの3つの条件と
3つの質問をシェアしよう!