孫子と経営者の名言に学ぶ、リーダーの5大条件

Bamboo book - unfolded - UCR

『孫子』の教え と 経営者の名言。

『孫子』は、中国春秋時代の思想家である「孫武」によって書かれたとされる兵法書です。武経七書の1つに数えられると共に、多くの経営者・リーダーにも読まれてきました。

孫子の教えと経営者の名言に学ぶ、リーダーの条件

将とは、智・信・仁・勇・厳なり。
『孫子』

これは、孫氏に書かれている言葉です。

経営者の名言と共に、その意味を考えていきましょう。

1:智

未来を予測し、判断する力。

孫氏:智

【経営者の名言】

満点をとったことは自慢にならないよ。本当に大切なのは知識を丸暗記したり、教えられたとおりのことを答案に書くことではなくて、先を見る洞察力だ。

マイクロソフト 創業者 ビル・ゲイツ

2:信

誠実に偽らず、信頼関係を構築する器。

孫氏:信

【経営者の名言】

信頼関係は自分自身の心の反映だ。たとえ、自分が損をしたとしても、人を信じていく。その中でしか、信頼関係は生まれない。信頼とは、外に求めるのではなく、自らの心の内にもとめるべきものなのだ。人生というのは魂の修行の場ではないかと考えている。苦難は魂を純化、深化させるために与えられている試練であり、成功もその人間がどこまで謙虚でいられるかを試すものでしかない。

京セラ・第二電電 創業者 稲盛和夫

3:仁

慈愛を持って、他人を思いやる心。

孫氏:仁

【経営者の名言】

経営者にとって大事なことは、何と言っても人柄やな。結局これに尽きるといっても、かまわんほどや。まず、暖かい心というか、思いやりの心を持っておるかどうかということやね。

パナソニック 創業者 松下幸之助

4:勇

リスクを恐れず、重要な決断をする覚悟。

孫氏:勇

【経営者の名言】

私がやった仕事で本当に成功したものは、全体のわずか1%にすぎないということも言っておきたい。99%は失敗の連続であった。そして、その実を結んだ1%の成功が現在の私である。日本人は、失敗ということを恐れすぎるようである。どだい、失敗を恐れて何もしないなんて人間は、最低なのである。チャレンジして失敗を怖れるよりも、何もしないことを怖れろ。

本田技研工業 創業者 本田宗一郎

5:厳

真に強い組織をつくり、皆を導く厳しさ。

孫氏:厳

【経営者の名言】

私は自他ともに認める厳しさをもって経営にあたってきました。中には、厳しさに耐えかねて辞める社員もいました。彼らは口々にこう言っていました。「アルプス技研はうるさい、おっかない、寿命が縮む」。ただ、私は理不尽な厳しさは徹底的に排除するようにしてきました。あくまで会社が存続し、発展していくうえで各人が追わなければならない責任をまっとうすることを求めたのです。

アルプス技研 創業者 松井利夫

□こちらの過去記事もチェック↓↓
次世代リーダーの3つの条件:25年の研究

最後に:リーダーの資格

リーダーは、智・信・仁・勇・厳の5つを自ら高め続けなければなりません。

なぜなら、リーダーの成長無しに、企業の成長は成し遂げられないからです。

リーダーであるための資格は、行動と改善を繰り返し、自らを高め続けることができるかどうかです。チームのため、会社のため、社会のため、共に成長を続けましょう。

孫子と経営者の名言に学ぶ
リーダーの5大条件をシェアしよう!