企業理念を共有させる方法は無い。ジェームズ・C・コリンズの名言

企業理念を共有させる方法は無い。ジェームズ・C・コリンズの名言

「人財採用で、何を重要視すべきか?」
世界的ベストセラー『ビジョナリー・カンパニー』シリーズの著者である、ジェームズ・C・コリンズ氏はどう考えているでしょうか?

採用基準:ジェームズ・C・コリンズの名言

採用基準:ジェームズ・C・コリンズの名言

企業が何を目的として事業を行うのか、何のために存在しているのか、会社の核となる企業理念。

社員が同じ方向へ進むためにも、起業家・経営者は、明確な企業理念を掲げ、行動で示す必要があります。

ジェームズ・C・コリンズの名言

社員に企業理念を共有させる方法は?と聞かれたら、答えは「ありません」です。企業理念を共有できる人のみを採用すべきです。

「企業理念を会社全体に浸透させる方法は、1つしかない。」と、コリンズ氏は伝えています。

それは、採用の時点で決まります。経営者には、共に働く社員を選ぶ権利があります。最初から「企業理念を共有できる人のみ」採用すれば良いのです。

そのためには、採用前に企業理念を伝える必要があります。それを徹底できれば、あなたの会社から「企業理念に賛同できない人」はいなくなります。

□過去記事もチェック↓↓
私は人情に厚い人を選ぶ。渋沢栄一の名言