トップは常に孤独である。ピーター・ドラッカーの名言から考える、起業家人財育成

shutterstock_515291053

決断の場面においては、トップは常に孤独である。

これは、ピーター・ドラッカー氏の名言だ。

事実、リーダーや起業家・経営者は、自らリスクを取って決断をしなければいけない。そして、その連続である。

その責任を誰かに転嫁することはできないが、同じく高い志を持つ仲間をつくることはできる。

起業家人財育成と仲間づくり

私は現在、ある起業家コミュニティ(組織)に所属している。

そこで、志同じく東北の真の復興を目指す起業家の仲間に出会うことができた。

現在、相互に課題の本質を深め合い、それに対応する経験シェアを行いながら、更なる成長を実現するための場づくりを行なっている。

決断させてくれる仲間

決断は、リーダー自身が行うしかない。そして、非常に苦しい時もある。

業種・年齢・性別・出身地などの様々な垣根を超えて、地域や社会のためにビジネスによって問題解決を実現したいという「共通の想い」を持った同志・仲間がいれば、人はその苦悩と向き合い、決断することができる。

私はこれまで、そうやって決断し、挑戦し続ける仲間を見てきた。私自身も、仲間から多くの力をもらっている。

決断は、リーダーの責務だ。しかし、一人で苦しむ必要はない。

起業家として孤独。仲間と出会いたい

私は、「東北イノベーション大学」という起業家人財の育成講座を2017年5月20日から開始します。

資金の一部は、クラウドファンディングで集め、一部の講師にはボランティアでのご登壇もして頂き、地域を元気にするための「人財づくり・場づくり・仲間づくり」を東北で実現したいと考えています。

詳細:東北イノベーション大学

現在、クラウドファンディングを通じて受講のお申し込みをいただいた方々を含め、受講生は12名。カリキュラムを調整している段階ですが、

「起業家・後継者として、自らビジネスを創出する力を身に付け、地域に貢献したい。」
「経営者として、経営感覚のある幹部を育成し、事業を成長させて地域に貢献したい。」
「企業・銀行・行政として、リーダー人財を育成し、自らも地域活性化に参画したい。」

そのように考えている方々を対象に、地域の未来を自ら切り開いていく熱い仲間(受講生)を募集しています。

受講のお申し込み・お問い合わせ

受講のお申し込み・お問い合わせは、運営事務局(東北プリントワールド株式会社)のお問い合わせフォームより、受け付けております。お気軽にご連絡ください。