グーグルとスマートジーンズを開発、リーバイス

グーグルとスマートジーンズを開発、リーバイス

ジーンズが、スマホの入力装置になる?

米グーグルは、「スマートジーンズ」開発における、米リーバイ・ストラウスとの業務提携を発表。「スマートウエア」は、ジーンズにも広がる。(日経新聞

リーバイスのスマートな取り組み

リーバイスのスマートな取り組み

ゴールドラッシュが巻き起こった1870年代、「作業着用の丈夫なズボンが欲しい」というニーズに着目し、先駆者となったLevi’s(リーバイス)。

リーバイスのスマートな取り組みは、Googleとの提携だけではない。

企業が考えるべきサステナビリティ

企業が考えるべきサステナビリティ

サステナビリティ(持続可能性)とはLS&COにおけるアイデアやプロジェクトにとどまるものではありません。サステナビリティとは私たちの商品、文化、そしてビジネスに深く根付いたものなのです。
私たちは会社という領域をはるかに超えて、人々が何を着るかだけでなく、どのように思考し行動していくかについて、影響を及ぼすものなのです。
ージョン・アンダーソン
 (LS&CO 社長兼CEO)

リーバイスは、品質・着心地・ファッション性を追求しながら、新たなリサイクル製品を提供している。それが、WASTE<LESS™。

1本のジーンズあたり、1リットル入りペットボトルを平均8本使い、リサイクル資源を20%以上使用したジーンズを開発・提供している。

これにより、リサイクル専用ペットボトルや廃棄される運命にあった資源が新たな形で活用される。サスティナビリティは、同社の企業理念の1つである。

□過去記事もチェック↓↓
ホンダジェットを夢見た、本田宗一郎の名言

最後に:社会をより良くする

社会を本当に良くするためには、良くし続けなければいけない。故に、サステナビリティは非常に重要なポイントとなる。

一過性のものではなく、長期的に高い価値を提供し続けられる存在こそ、社会にとって重要である。

企業として目指すべきは、そのような存在と言える。共に、改善を続け、より良い社会を創造していきましょう。