ECサイトを作るときに参考になるサイト

I buy, therefore I am...I buy, therefore I am… / MIKI Yoshihito (´・ω・)

まだまだ伸びると言われているネットショップ市場。これから自分で初めてみようと思っている人もたくさんいるはず。

始めるときは、一番大事です。売れない商品やまだ認知されてない商品をいかにして売るかをまとめてみました。

「BEAFの法則」で売れるストーリーを作る | 売れるネットショップの法則62 | Web担当者Forum

[browsershot url=”http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2011/07/12/9659″ width=”300″]

無名商品の魅力を語り、購入まで誘導する「縦長商品ページ」の構成について説明する。テレビ通販と同じで「話す順番」が大事だ。例えば、価格がウリでないのなら、冒頭で価格の話をしてはいけない。「今ならセットでこれも付いてきます」という話も、最後の方だ。売れる商品ページにするためには、単に「情報を詰め込んで長いページにすればいい」わけではなく、適切な情報を、適切な順番で提供しなければならない。

楽天などで使われている縦長のページについて分析されてます。無名な商品でもどかどか売れていく秘密はしっかりと計算されたページにあるんですね。

商品数が少ない場合は、さまざまな角度から商品を紹介する | 売れるネットショップの法則79 | Web担当者Forum

[browsershot url=”http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2011/08/04/9744″ width=”300″]

取扱商品の数が少ない店舗では、メルマガを書こうとしても話題のバリエーションが少なく、毎回似たような内容で送ってしまいがちだ。惰性で出されたメールは読者にも分かるので、なかなか売上につながらない。人によっては「ウチの店はメルマガに向かない」と思い込んで、ほとんど配信しなくなってしまう場合も少なくない。これは本当にもったいないことだ。

売れない商品も見る角度を変えれば、きらりと光るニッチ商品になれます。何はともあれ、ターゲットがしっかり見えている事が1番大切ですよね。自分の顧客は誰か?をしっかり見極めましょう

リピーターの心理を把握する | 売れるネットショップの法則83 | Web担当者Forum

[browsershot url=”http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2011/08/16/9746″ width=”300″]

ここからは、いよいよリピート売上の獲得方法について紹介する。たくさんの新規購入客を獲得し、商品さえ良ければ、自然とリピートされると思っていないだろうか。実は、リピート客(継続客)を増やすには積極的に対策を講じる必要がある。放っておいてもリピートする程、ユーザーは甘くない。リピート発生の心理とパターンを把握し、自店にとって効果的な追客施策を検討し導入してほしい。

ネットショップ成功の秘訣は、リピータの確保無くして語れません。そうしないと永遠に新規顧客を追い求める自転車操業になってしまいます。リピーター確保の方法を、ユーザー心理から丁寧に分析されています。