印刷

絶対に知っておいて欲しい10個のRBGの基礎:デザイナーのための印刷講座vol.1

絶対に知っておいて欲しい10個のRBGの基礎:デザイナーのための印刷講座vol.1

編集長の高橋です。 今や印刷通販は、当たり前になり、 毎日のようにプリントパックのTVCMを見るようになりました。 私が役員を務める印刷会社でも、4年程前に印刷通販サイトを立ち上げ、 全国の様々な方から注文を頂いています。 そこで、お客様よりデータを入稿して頂いた過去の経験から、 いくつか問題と解決法をご紹介していきます。 まずは、改めて振り返る「CMYKとRGB」についてです。...
文字入りQRコード

3Dで飛び出す、AR年賀状は微妙? では、シェア年賀状ってどうだろう?

今年も年賀状のシーズンがやってきた。 近年、関係無い人には、あまり関係無い年賀状。 しかし、企業としては、日頃お世話になっているお客様や関係者へ 年賀状を送ることも考えているだろう。 一般企業には、そんなに縁の無い話かもしれないが、 先日、AR年賀状を作ろうという本を見た。ある意味、今さら?という印象。 (さらに…)...
売れる営業・ディレクターの法則・ツールまとめ

売れるディレクター・デザイナーになるために知っておいて欲しい印刷物制作の基礎知識 vol.1

最悪の刷り直しを避けるための方法? 色校正を行うべき3つの理由と2種類の色校正。 印刷販促物を制作する上で、最も避けたいのは「刷り直し」である。 印刷物の場合、通常は「使用する日時(=納期)」が決まっている。 その日までは何としても、完全な状態で納品をする必要がある。 そのため、事前にスケジュールを組み、校正を行い、 お客様からご確認・ご了承を頂き、紙を発注し、 印刷・加工を行い、最...
Illustrator(イラストレーター)内に配置した画像を後からまとめて収集する方法

Illustrator(イラストレーター)内に配置した画像を後からまとめて収集する方法

後から画像ファイルを収集する必要が出た? 自動で配置画像をまとめるスクリプト Illustrator(イラストレーター)で作業をする場合、 画像などの素材ファイルを最初にきちんと準備してから、 AIファイル内で作業をすることが望ましい。 しかし、原稿の再入稿や画像の差し替え等のため、 必ずしもそういうわけにはいかない場合がある。 ただ、最終的に印刷会社へデータを渡す場合や データを...
誰でも簡単に、1分で写真からキーカラーのスウォッチを作成できる!無料配色ツールkuler

誰でも簡単に、1分で写真からキーカラーのスウォッチを作成できる!無料配色ツールkuler

一瞬でしかも無料でカラーのテーマを作れる? トンマナや配色で困った時に活用しよう! 印刷物でもWEBサイトでも、色というのは、 重要なデザイン要素の1つと言える。 そして、色の組み合わせによって、 デザインが与える印象は大きく変わってしまう。 配色を決定する際、1つの指標として、 キービジュアルの写真が挙げられる。 写真から色を抽出することにより、デザインに軸が生まれる。 今...
今日からできる! 販促物の文章やブログを推敲する7つの方法

成果に繋がるプロの簡単ライティング術:短い文章で惹きつける方法NAVERまとめ

メールを書いたり、企画書を書いたり、 あるいは、WEBサイトを構築したり、ブログを書いたり、 多くの人が毎日、誰かに宛てて文章を書いている。 私も自分の文章を、常に何とか改善したいと思いながら、 ブログを毎日書いている。 自分の文章の欠点の1つが、長いということである。 文章の上手さとして、いかにコンパクトに的確に書くかということがある。 しかし、分かっていてもなかなか難しいものであ...
Illustratorテキスト(ベクター)エフェクトのチュートリアルまとめ

Illustratorテキストエフェクトのチュートリアル集NAVERまとめ

デザインを行う場合、多くのユーザーが、 AdobeのIllustratorとPhotoshopを使用するだろう。 Illustratorデータ(ベクターデータ)の大きな特長の1つは、 拡大縮小によって、解像度劣化が無いことである。 テキストやフレームの装飾・エフェクトをIllustratorで作っておくと、 その後、様々な状況に合わせて編集・再利用がより容易にでき、 非常に便利で効率的であ...
世界中から集まったタイポグラフィが見れるサイト

日本語フリーフォントのNAVERまとめ

デザイナーに馴染み深い日本語フォント(書体)メーカーと言えば、 モリサワやフォントワークスなどが挙げられるだろう。 上述の2社には、様々な種類のフォントが有り、フォントの質も非常に高い。 しかし、状況に応じて、手書きのフォントや少し変わったフォントを使いたい時も、 様々なデザイン制作を行う上で、あるだろう。 そんな時は、フリーの手書きフォントを候補として考えてみたい。 今回は、...