ビジネスモデルで重要な5つの指標:起業家育成

shutterstock_347914211

ビジネスモデルで全て決まる

起業しよう考えた際、あるいは、新規事業を立ち上げようと考えた際、多くの人が事業計画書を書こうとする。

その際、ビジネスモデルをどう構築するかで、その後の展開がほぼ決まってしまうと言っても過言ではない。

ビジネスモデルで成長性が決まる

どのようなビジネスモデルを構築するかで、企業の成長性はほぼ決まってしまう。

これは、圧倒的な成長を遂げている多くの起業家や経営者の話を聞き、私が至った結論だ。

もちろん、最終的には行動力や決断力が結果に大きく左右する。しかし、同じ力を注いでも、ビジネスモデル次第で得られる成果は大きく変わってしまう。

ビジネスモデルで重要な5つの指標

ビジネスモデルを構築する上で、重要なポイントはいくつか存在するが、今回はその中から5つの指標をご紹介する。

1:キャシュフロー
2:利益率
3:社会性
4:独自性
5:市場成長性

それぞれについて、簡単に共有しよう。

1:キャシュフロー

どんなに黒字でも、企業は経営難に陥ることがある。それは、キャッシュフォローの問題だ。

仮に売上があっても、売掛回収まで時間が掛かり現金が不足した状態で、販管費や借入返済で現金が社外へ流失し続けると、どんなに黒字でも会社経営が困難になる。

2:利益率

どんなに売上があっても、利益率が低いと会社に残るキャッシュが少なくなる。

キャッシュは、企業にとってのガソリンだ。無くなれば、止まってしまう。薄利多売という考え方もあるが、これから起業や新規事業を始めるなら、高い利益率のビジネスモデルを構築すべきだ。

3:社会性

どんなに儲かるビジネスでも、社会から共感を得られなければ、いずれは消えゆく運命を辿る。

また、現代においてビジネスは必ず真似されると言ってもよい。その時、あなたの企業が顧客から選ばれ続けるには、社会にとって必要な存在であり続けるしかない。

4:独自性

これは、利益率とも密接な関係のある話だが、人と同じことをしても、必ず競争の中で埋もれていく。

競合は、必ず成功モデルを真似してくる。その中でも、「顧客にとって、他社ではなく、あなたの会社でなければいけない理由」を追求し続けることでしか、ナンバーワンになる方法は無い。

5:市場成長性

ビジネスは、顧客がいるから成り立つ。どんなに努力をしても、市場がシュリンクしていく中では限界がくる。

市場が成長している領域では、競合性も高くなる傾向がある。その中で、いかに独自性や社会性を追求し続け、「選ばれる存在」になれるかどうかが成功の鍵となる。

選ばれる存在を目指す人財育成

製品やサービスの品質は、良くて当然。その考えのもと、顧客は競合比較を行う。

情報が溢れ、顧客が簡単に比較できる様々な環境が整っている現代において、生き残り、成長し続けることは決して容易なことではない。

起業家・経営幹部となる人財には、地域や社会をより良くしたいと考え、高い熱意を持って、自ら問題を解決し続ける力が必要だ。

「起業家人財」の育成に貢献
クラウドファンディグに挑戦中!

私は、そのようにチャレンジする「起業家人財」が育ち、集まり、共に学び、共に成長できる場が、日本の地方・東北にもっと必要だと考えています。

その想いから、クラウドファンディングを通じて、地域の未来を自ら切り開いていく熱い仲間(受講生)と、その活動を支援してくださる方(サポーター)を募集しています。

「起業家・後継者として、自らビジネスを創出する力を身に付け、地域に貢献したい。」
「経営者として、経営感覚のある幹部を育成し、事業を成長させて地域に貢献したい。」
「企業・銀行・行政として、リーダー人財を育成し、自らも地域活性化に参画したい。」

そのように考えている方々を対象に、受講生を募集しています。

私は、講座全体を通して主任講師を務め、特に「情報発信とブランディング」についてお伝えします。

みなさんの応援(シェア)とご支援、受講申込をどうぞよろしくお願いいたします。