牽引する存在になるために

written by 高橋慶彦
thumbnail

誰がが突出して、成果を上げられれば、
それを見た人は、追随しようと考えます。

複数の分野で、突出した企業が集まる
経営者コミュニティが存在すれば、
そこに更に、成長を望む経営者が集まってきます。

自分のような人間が、牽引するなどと言える実力が
現時点では無いことは十分承知していますし、
まだまだ意識レベルが低いのも事実です。

しかし、2020年までに、
自分は牽引できる成果を上げたいと考えています。

先輩経営者から学び、自身の事業を精査しながら、
成果に繋げていきたいと考えています。