シャープの新商品が残念

[browsershot url=”http://www.gizmodo.jp/2012/11/hd_9.html?utm_source=rss20&utm_medium=rss” width=”600″]

シャープが海外向けに開発しているスマートフォンAquos Phone SH930WのレビューがMobile-Reviewに上げられています。いわく「衝撃的に際立つ画質の良さ!」。SamsungのGALAXY S IIIやHTCのOne Xと比較しても一目瞭然の解析度を誇っています「世界よ、これがシャープの技術力だ」フルHD、圧倒的な画質のスマホが完成 : ギズモード・ジャパン.


シャープのスクリーンの解像度が良いとのことですが、これでは、売れるわけがありません。

機能だけでは、誰も感動しないのです。

例えば、このAquos Phone SH930WのがiPhoneの解像度がよりよいからといって
Aquos Phone SH930Wを選びますか?

答えは、NOです。

iPhoneは、ストーリーやコンセプトが素晴らしいからです。

機能だけでは、誰も感動しません。

加えて、解像度は、もう網膜レベルの違いなので、関係ないでしょう

この解像度を上げるために、どういうストーリーがあるのか?
そして、解像度を上げることで、僕らの生活がどう充実するのかを
伝えられなければ、日本製品の未来は、暗いです。

頑張れ!NIPPON!